Archive for the ‘日本人-Japanese’ Category

日蓮宗資料

Friday, March 15th, 2013

四つの霊的な法則

Four Spiritual Laws

 

イエスの映画

Jesus Film: view in Japanese

 

新約聖書/聖書

Japanese Living Bible

 

オーディオ聖書

Faith Comes By Hearing

日蓮宗

Friday, March 15th, 2013

日蓮は善日、是聖房蓮長、立正大師、日蓮大聖人および善日麿としても知られた仏教の修道僧であり僧侶でした。彼は仏教はすべて、彼によるところ仏教の思想や実践の正道ではなかった異なる形式の仏教を含め、縮小され、他のすべての原本から離れて、法華経すなわち妙法蓮華経を中心とするべきだと考えたように純粋主義者でした。けれども、彼が経典のすべてを受け入れず、本門として知られる後半14章の教えを遵守することを好み、迹門として知られる前半14章を無視したことは、今日の信者の間で議論の的となっています。また、彼の哲学は決して独特のものではなく、彼は自身が任命を受けていた天台宗の思想を多く採用し、彼自身の原理に適応させて、日蓮系正宗派、すなわち日蓮仏教の傾向として知られるようになるものとして改善すると言うよりもむしろ再定義をしました。さらにまた、彼が研究した引声や観法に関連して、同様の習慣を共有する浄土教からの影響もいくぶんあるかもしれません。

とにかく、彼がこの新しいグループの統率者となった動機は、当時の日本で起きていた出来事が、彼の住んでいた文化や時代の内にあった問題を扱うことを必要としたので、自らの社会に影響を与えようとした彼の個人的な使命と並んで、菩薩の生まれ変わりであるという宗教的想像を持っていたことの結果から生まれました。彼はこの時代が法の衰退あるいは堕落として定義される終わりのとき、つまり週末の実現の時であると感じていました。 これは、金剛経と法華経に描写されており、末法として知られています。もちろん、この時代に対して個人的な見解を有していたのは彼だけではありませんでした。浄土仏教徒もまたその時代の兆候に彼らの解釈と適用を示しました。であれば、もしどちらかが正しいのであれば、どちらが正しいのかという疑問が浮かんできます。

おそらく、上人(聖人/賢者)または大聖人(大賢者)としても認められていた日蓮は、彼自身が仏教を何とか元来の目的、あるいは本来の状態に復元していると思っていましたが、皮肉にも、この形態の大乗仏教は、その信念体系が小乗の無神論哲学に近似しているもともとの正統派仏教に反しているため、そもそもが実際には非伝統的なものなのです。法華経そのものでさえ、時代的にかなり古いものではあっても、実際は混合的であり、(1)仏陀が永遠であり、全知であり、全能であり、遍在し、全世界の創造者、破壊者、再創造者であるという思想全体はヒンドゥー教からの借用概念であり、成仏の可能性と組み合わせて、万人にとっての普遍的な救いという思想と共に大乗仏教に持ち越されたものなのです。さらに他の大乗経典と比較して、法華経は末法をその後より仏教が栄えていく時として特徴づけられると独特の予測をしていますが、仏教全体はかなり大きいとは言え、いかなるものであれ全世界の人口に普遍的な影響を及ぼすにしては、これら日蓮派は少数でしかありません。したがって、特に、日蓮自身と法華経が最後まで世界の救いを促進する因果をもたらす術と見なされるべきであるとの見解を採用するなら、それは過大評価であり言い過ぎです。日蓮はまた、モンゴル侵略の効果を利用して、割り当てられた過失の原因に適用しつつ、法華経独占についての彼の予言的主張を実証しようとしました。彼の説教は、これらの攻撃当初には大衆の目を覚まし、やる気にさせる効果をもたらしましたが、彼らの社会的病いである堕落を排除することによって、国民に救いをもたらすには至りませんでした。それは、日本全体がこの予言的呼びかけに応じなかったためだと論じられるかもしれませんが、救いはその時点でやっと理論的に可能になるので、実質的にはそれは達成可能ではなく、当時すべての人を回心させることができず、今日でもまだすべての人を改宗させることができないように、本質的に真実でもありません。地球上のその小さな領域で、人類の救世主とされている人を要しながら歴史上のこの絶妙のタイミングに達成できないのであれば、どうやって、この惑星の残りの部分に対して有効であることを証明するのでしょうか?

とにかく、日蓮は終焉時には、彼の教えの適用を広げた日昭、日朗、日興、日向、日頂、日持という6名の本弟子または後継者がいました。特に日興はその革新的な思想によって完全に他の日蓮宗派から断ち切られました。また、これらの違いは更に変化していき、分派や非伝統的な流派を生み出しました。これは思考の一致または排他主義を確立、維持及び保存することで断固として他の異なる見解に反対した日蓮を通じて提唱された、仏教の真の形に意義を唱えているように思えます。

日蓮はあれほど労力を費やし、その後、あれほどの苦労もあったのに、彼の原理がどのように、またどの程度まで理解され、適用されるべきであるかと議論されていることからして、それはやや無駄であったようです。彼は一つの道に従うことを教えましたが、きっと彼の教えが、異なった人々に数種の異なる適用を持って異なった意味で受け取られるとは意図していなかったはずです。驚くべきことに、これらのグループは、他の教義の意味はおろか、日蓮自身の人となりに関しても同意できないのです。たとえば、日蓮を仏教改革家であり僧侶であると、すなわち上行菩薩であると信じている人もいれば、日興の影響から、日蓮をさらに高い位にあげ、真の釈迦、末法の仏として信じている人もいます。これは日蓮正宗と創価学会の間で信じられています。

また、中には、立正佼成会(正しく仲の良い関係を築くための会)や霊友会(霊の友の会)で実践されているような先祖の霊の崇拝といった、彼が排除しようとしていた混合主義的価値観を組み合わせるものもあります。日蓮の解決法が、その時代の大乗宗派内の矛盾、内部争いと混乱に関して、社会の混乱を克服することであったなら、客観的に、これは700年後、様々な分派間が教義や儀式に関してライバル同士となっている今日の状況とどう違うのでしょうか。日蓮の門徒もその運動も、平和と正義と繁栄の時代を到来させるのに、日蓮のときから少しも進歩していません。それでは、彼ら自身の間でさえ完全な合意を見つけることができないのに、彼らの思想や信念を以って世界を変えようなど、その信奉者の間にどのような希望があるでしょうか。

もう一つの論争点は、日蓮が改宗者を得ようとした方法に議論の余地があったことで、彼は頻繁に公の場で大声で他の人に論駁し、怒りと憎しみを呼び出すことによって、人々を引き込み、影響を与えようとする、折伏の技法を用いました。皮肉なことに日蓮は他の仏教宗派を政治的、宗教的な統制のために民衆を操っていると批判しましたが、私には、それと同じことをするための日蓮の努力との間に何の違いも見えません。

これは人に、自分の信念体系について考え再評価させることを意図していたものの、極端なアプローチであり、人への対応としてもっと感じのよい、柔らかなアプローチの方法をとる典型的な仏教からの離脱で、(2)慈善、寛容、謙遜、哀れみや優しい心を理想として支持する法華経の教えにさえ反するものです。僭越にも日蓮は背に腹は変えられないとして、結果がよければ手段は正当化されると考えたに違いありません。しかし、どうして彼の行動が、彼自身が真理であるとして大いに弁護するこの聖典の特質に矛盾し違反してよいでしょうか。そのため、彼の信念哲学か、この経典自体の本質的価値のいずれか、あるいはその両者ともが疑問視されます。これが、すべての異なる信仰や宗教の放棄や壊滅と並んで、強制改宗の考えを支持する好戦的で国家主義的な努力を信じている創価学会の極端なアプローチをもたらしたものかもしれません。

jesusandjews.com/wordpress/2011/08/02/soka-gakkai/

この動きの実践者の間にあるその他の異なる見解に、悟りに到達して永遠の仏とひとつになるための手段としての御本尊と題目に対する異なったアプローチがあります。まず初めに、日蓮は、今日においてもまだ行われている像や絵画といった釈迦の肖像の崇拝を古代の遺物であるとして排除し、彼がヒンドゥー教徒の間でも使われている曼荼羅の形で開発した別の象徴的芸術 品への献身に取って代えました。その芸術品が御本尊となり、本質的にこれらの宗派にとっての注意の焦点となりました。あまりに もその度合いが強いので、この壁掛けとしての視覚的表象、または象徴的な見本が、崇拝の主な対象として、それ自体で主な実体となっているように思われます。これは、安置されてある装飾された巻物のイメージに尊敬を示すことを好んで、彫刻された木彫りや張り子の神の前でお辞儀をすることによる仏像への献身に取って代わりました。加えて、これには、お題目・題目または主題として知られる真言の詠唱によって、この備品に語りかけることが伴われます。これは、(4)法華経の様々な側面を毎日一度か二度、勤行の中で朗唱すると共に、賛美の祈りとして南無妙法蓮華経(素晴らしい法華経の教えに帰依します)と何度も繰り返し唱えるものです。

シンボル図形、儀式的図画としての曼荼羅、あるいは題目の書道銘文に対する尊敬や敬意の念は、人類の救世主、全ての天からの助けの源、永遠の幸運の源、完全なる献身の対象、幸福の源、 天の究極の源、罪を赦し悪しき因果を除去することで信者を浄化するもの、祈りに応えるもの、全能者、(3)下手に扱われればその個人に対して差し迫った影響を及ぼすほどに、献身者の生活を多大にコントロールする普遍的な力などとしての言及によって人格的な特徴や資質を割り当て、各種の仏陀や菩薩、諸階層の神々の名前とともに、賞賛の対象として銘として顕されています。。私は曼陀羅の設計者、日蓮が彼の信仰のために迫害されたことを考えると、どうやってこれが適用できるのか疑問に思います。ともかく、この曼荼羅は、お守りや、遺品や、魔よけの使用を介して生きていくための魔力を見つける、従ってこの人間が作った物体がどうにか不思議に、あるいは神秘的に人の全人生をコントロールするという、他の宗教文化の迷信的な主張と全く違いはありません。それに、こ れは私たちが自分自身を御本尊の鏡に映った姿として見るという点において、私たちは自分自身以外を見る必要はないとして、私たちは本質的に究極の現実であるとし、単に、全体の一部として仏の性質を見る汎神論的世界観を代表として日蓮が伝えようとしていたことに反しているようにみえます。御本尊が礼拝の実践に関して真理と現実の究極の源であるとすれば、本質的に人は、実質、神としての自分自身に話しかけているのであり、これらすべての他の宗教的な形象や人物は私たちであり、また私たちがそういうものであるから、私たちがそれらの宗教的形象や人物と自分自身を区別する必要が全くなくなるため、中身のない慣行となってしまいます。

言うまでもなく、この、私、私自身を究極の現実とする考え全体に誤りを認めた方もおそらくいらっしゃるでしょう。これは他の人にとっては満足行くものではありません。それは彼らが先天的に、彼ら自身とは別の、彼らを越える何か、または誰かがいると感じ、彼ら自身の短所や弱さ、失敗を超える超絶的人格を認めたいという強い願望や傾向を感じているからです。彼らの真の存在状態または条件を何らかの幻想的存在のうちに見るのではなく、実際そうであるように、彼ら自身とは別の優越した存在に信頼する必要性を有していると認め、正当に付随的または依存的実体であるとして見るからです。

日蓮正宗は、健康と富の心地よい繁栄のメッセージを説いていますが、それはどちらかというと、告白と積極的思考の妄想的な力を捕らえ、それを強める手段としての宗教を必要としない何らかの自助プログラムのように聞こえます。蒔けば、自分の命を清め、霊的にも肉体的にも健康を維持し、自分の家族に喜びと幸せをもたらし、人生を豊かにし、全ての不運を幸運に変え、真の幸福の達成し、個々の願いを叶え、人類を悩ませる幻滅感や疑問のみならず誕生、老化、病気、死といった基本的で普遍的な苦しみを克服し、再生、偉大な知恵、さらには物質的な豊かささえもたらすとという形で現れると信じられている利益を収穫できるという考えを推進しています。

したがって、この繰り返しの手法には、自己欺瞞によって自身を納得させる、洗脳効果があり、ちょうど、カリスマ性のあったヒトラーの大声で長く言い続けるという話法に惹きつけられ、彼のプロパガンダ演説に魅了された熱狂的集団が彼の偽りの話を真実として心から信じたように、私は日蓮の教えに惹かれた人々も、自分が魅力を感じる事がらであれば、それが理不尽であったり筋の通らないものであっても、人間の習性として同意してしまった可能性があると思うのです。日蓮自身が、御本尊に信仰をおくことの利点は、人が自分にある生来の仏の性質を認識するために、人に与える影響によって確証されると証言していますが、思い切ってこれを真理への合理的なアプローチとして関連付けることは、カテゴ リー違いです。現実には、これが現に示しているのは、この手法がある程度の信憑性を生み出すのに成功するということだけかもしれないのです。日蓮はまた、現実の世界は楽園や仏の国に変えられることが可能であり、痛みや苦しみはただ現実の状況を真に知覚するのを妨げる想像に過ぎないと主張しましたが、私はこれは現実に根拠のない不合理な論議であって、平和主義によってか、あるいは社会的/人道的機関や軍事的/政治的国家主義に関与する紛争によって、この教えを促進するために、日蓮の信者でさえ守っていない彼自身の立証基準に相関しないものだと思っています。彼らが改宗という共通の目的における目標を持っていたとしても、その結果を出す能力があることは、そのどちらかがより正しいことを意味するものではなく、むしろそれは単に比較的に人に好みや選択があることを示しています。したがって、私 は、日蓮の因果の原則は絶対的な真理と実践哲学の関係を証明することを怠った点で、不合理であると思います。

それは私の次の論点である、彼が宗教的な主張を確証するために哲学的なアプローチとして確立した体系につながります。それは、真理を識別し、試すための重要な手段としての彼の個人的な 批評に基づけば、特に形而上学的原理や命題を扱うとき、理性と経験論によって確認するために試される能力に欠けるので、標準に達する上でそれ自体の試験につまずきます。日蓮によれば、彼の原則や基準には以下のことが含まれなけれ ばなりません。 道理と証文は事実とみなされる。

道理は、一貫して矛盾に欠いている必要がある。

道理の証明は、因果の原理に依存する。

最も重要なことに、現実の世界で証明されることが示されなければ、それは放棄されるべきである。 その彼の独自の基準に振り返ってみると、私はこの運動の歴史的な記録は、それ自体の売り込んだ約束に達することができなかったと確信しています。彼に有利な解釈をしたところで、私は、これらの前提に基づけば彼の主張がもっともらしいとさえも認めるつもりはありません。よって、彼自身の基準に従って、自分自身を批判することになってしまったのです。日蓮の道理は単に不合理であり、彼の主張を間違っているとして拒絶するものであるから、その結果として、その主張は拒絶されるべきです。

ローマ人への手紙 第21 だから、ああ、すべて人をさばく者よ。あなたには弁解の余地がない。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めている。さばくあなたも、同じことを行っているからである。

要約すると、日蓮の人生は、彼の信念に一致していませんでした。自身の病気の治療を受け、 痛みや苦しみが幻想であるというような見解を示した哲学的な文書に反対する行動がそれを裏書しています。もちろん日蓮は癒されず、60歳の早過ぎた死を迎えましたが、これは、この手法が長寿のための万能薬であると信じている一部の宗派と相容れるものではありません。言うまでもなく、日蓮がそれを得られないのであれば、あなたにはどんな希望があるでしょうか?さらに、彼はまた、迫害と苦しみにも耐えました。日蓮が彼の哲学的立場の成果を達成できなかったのであれば、あなたがどうにか痛みや苦しみから逃れることができるという保証がどこにあるでしょうか?

ま た、どうして悟りを開いた人間でありながら、温泉の治療効果によって癒されないであろうことを知らずにいられるでしょうか。したがって、究極の真理を知っているという彼の言葉にどんな信頼をおくことができるでしょうか?現実的には、彼の人生の終わりは、彼が、実証することのできなかった現実についての欺瞞的な主張を普及することによって誤信を推奨し支持した、ただの人であったことを物語っています。私は、全世界に影響を与えた人物かつ救い主を代表する宗教のような他の可能性に心を開くことに関して、あなたがご自分の立場を再評価されるよう挑戦を挑みます。そして、その人物とはキリストです。

最後に私はこの記事によってあなたがこの信念体系について真剣に、または批判的に考えるように気付いてくださったことを願っています。特に、永遠のことがらを扱っているからです。この霊的施策に関して考慮すべき事柄としては、次のようなものがあげられます。あなたがまだ悟りを達成していないのであれば、いつかはそれを達成できるでしょうか。人は、いったん悟りを得たと思ってからも、これらの習慣や手法を行い続けなければならないのでしょうか。もし、仏果の現実認識を維持するために、これらの儀式を継続しなければならないと信じているのなら、あなたは本当に信仰によって生きているのでしょうか、それとも恐怖心によってでしょうか。だとすれば、それは、あなたが心の奥底では本当は自分の経験を疑っていることを示しているかもしれません。あなたが本当には確信がないけれど、とにかくそれを実践しなくてはいけないと感じているなら、未知の暗闇の中で期待し、賭けをするような悟りにどんな保証があるでしょうか。結論として、あなたはこの概念に完全な自信を持つことができ、あなたの人生はその現実を証明し、確証していますか。それとも、あなたの内側には、自分は恐ろしいほどに失われているとわかっているのに、どうすればよいかわからないという感覚がありますか?

締めくくりに、私はあなたにとってきつく、受け入れがたいことを言ったかもしれませんが、それは決して意図的にあなたを侮辱し、憎しみや怒りの感情を引き起こそうとしたものではありません。私が私の主張を大げさに述べて不必要にあなたに嫌な思いをさせているとしたらお詫びいたします。私はただあなたに他の可能性を検討するよう挑戦したいだけで、私はあなたの知り合いではありませんが、私の動機と意図は、時間をかけてこの記事を書くほどにあなたの永遠の救いを気にかけている仲間の人間として利他的なものです。もしもあなたに興味があるのであれば、私の個人的な証しをお分かちしたいと思います。そして私があなたにお願いすることは、私の証しを読むとき、偏見を持たないでほしいということ、そして、主、また救い主としてイエスを現実に実態的に知ることができるように、神に真理を明らかにするか、確証してくださるようにご自分の言葉で祈ってほしいということだけです。

イエスについての私の証し

終わりに、イエスは異なる道の上にある ものとしてあなたの文化の信念の流れに逆らっているように思えるかもしれませんが、それでも、彼は私たちの毎日の生活に影響を与える問題について実践的にも永続的にも対処しています。決論的に、聖書の証人とイエスの言葉は、世界を何らかの神秘的な体験を通じて不可解な方法で発見されるのを待っている架空の潜在的な楽園としてではなく、現実の問題と 現実の人々で満たされている世界として描いていて、それはイエスが人の心を変えるに従い、続いて起こる仲裁のメリットを通してのみ修復可能なもので、悪の起因と、その結果としての痛みや苦しみを含む現在の現実とは別の、新しい天と新しい地として前置きされる愛と喜びと平安の時代がもたらされるという、未来の宇宙修復の約束で最高点に達します。

マタイによる福音書 第11章28節から30節 すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。

 

 

神と関係を持つ方法

神と関係を持つ方法

 

その他のリンク

jesusandjews.com/wordpress/2012/06/15/nichiren-buddhism/

日蓮宗資料

Nichiren Buddhism Resources

イエスについての私の証し

Friday, March 15th, 2013

こんにちは、私はロブと申します。米国テキサス州の出身です。さて、少し私のことについてお話したいと思います。いつも、わたしは、わたしにとってとても重要な、神への信仰についての証しからお話することにしています。二十年ほど前、わたしは、自分の中に真の虚しさ、虚無感を抱えていた時期がありました。が、イエス様を信仰することで、神が私を完全に満たしてくれたのです。今、わたしには、この世界がこれまでに与えてくれたことのないほどの、愛と、喜びと、平安があります。神は私の情熱であり私の人生そのものです。

もし私がそんな現実を経験していなかったとしたら、私はとうの昔に諦めて、他の信仰を模索し始めていたでしょう。私の人生を変えたのは、私がイエス様との間に、宗教や哲学の域を越えた個人的な関係を持ち始めたことです。それは現実であり、かつ知覚できるものでした。神が私を根本的に変え、文字通り一晩にして、私の信じるもの、考え、行動が永遠に変えられることになったのは、私が人生において信仰の決定的時点に達したときでした。私はまるで別人のようになりました。そしてその変化が誰の目にも明らかだったということは否定できません。私は新生したのであり、今ではそれが単なる教会用語などではないことを知っています。私はキリストにあって新たに造られたものとなったのです。今から考えると、私の人生の変化には、時間をかけて徐々になされたものもありましたが、瞬間的に一晩にして起きたものもありました。私の人生において、自分自身の自然な力では乗り越えられなかったことがらから、神が私を開放してくれるのを体験してきたのです。ニコチン中毒からふしだらな性生活の習慣まですべて含めて、広範にわたる罪を克服する力をイエス様が私に与えてくれたのです。また、信仰の決定的時点において、妻が退行性の腎臓病を癒され、息子の喘息が癒されたのも目にしました。もし私がここでお話しした内容がただの私の意見だったとしたら、私の証しを読んでもらってあなたの時間を無駄にするようなことはしなかったでしょう。 

あなたは、信じられないとおっしゃるかもしれないし、よくてもせいぜい、わたしのことを誠実だが全く間違っていると思われているかもしれません。が、どちらにしても、私があなたにお願いするのは、神に、イエス様についての真実をあなたに現してくださるように正直に、誠実に願ってくださいということです。とにかく、ここまでお読みいただき、もう一度、お礼を申し上げます。そして、これを通して神があなたを豊かに祝福してくださることをお祈りしています。

 

 

神と関係を持つ方法

神と関係を持つ方法

 

その他のリンク

jesusandjews.com/wordpress/my-personal-testimony-with-jesus/

神と関係を持つ方法

Friday, March 15th, 2013

聖書は神が人間を含むこの世のすべてを創造したと教えています。神は完璧であり、人間はそうではないとも教えています。神が人類に道徳心を与え、善と悪との判断ができる能力を与えました。神の聖なる経典である聖書は、神ご自身の啓示であり、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっていると説いています。

もしわたしが、法の道徳的な基盤となっている神の戒めのうちのいくつかでもここにあげてみれば、程度の差はあれ、その戒めに背いていないものは誰もいないでしょう。他の神々に仕えることであれ、神の名を誤って使って、心を尽くして主を愛することに失敗することであれ、罪とは神や他の人々を冒涜することです。これが、親の名誉を汚したり、人を憎むことは殺人に等しいとされていますが、その殺人を犯したり、情欲をいだいて見ることと同じとされている姦淫を犯したり、盗みを働いたり、わたしたちの隣人に偽りの証言をしたり、誤った欲望や野心を抱いて他人の物や妻をむやみに欲しがったりすることにつながっていきます。

この冒涜によってわたしたちは永遠に神から断絶され遠ざけられてしまいました。

他の言い方をすると、神は聖であるためにご自身が罪と共存することを許さないので、わたしたちは神から引き離され、迷っているのです。罪は、神の怒りと裁きを、現世だけではなく永遠にももたらします。聖書は、そこが火が消えることがなく大きな苦痛がある場所であると教えています。

これではもう絶望的なようですが、よい知らせは、神が罪のない救い主を現世に送ったということです。救い主の役割は、神の前に立って、人のために仲裁にはいることであり、私たちの身代わりとして、自分の肉体の命を差し出し、神の義を満たすことでそれを成し遂げました。

救い主は神と人類の間に平和をもたらすために死にましたが、また、死から蘇り、今も救い主を信じるものたちを受け入れるために待っています。ですから、今では、わたしたちが死を経験するとき、わたしたちの体は死んでも、わたしたちは救いの主と共にいます。これこそ聖書が唱えるところの永遠の命なのです。

これは、わたしたちを罪から解き放ち、神との平和をもたらす救世主として、イエス様に心からの信仰を告白するときに、生じます。これにはまた、わたしたちが現在、従順に救い主に仕えるものとして、救い主を、主として受け入れることも含まれています。

わたしたちがそこまでイエスを受け入れると、主は、天の一部を聖霊という人格として私たちのもとに送ってくださり、この聖霊が信者の内に住んで、わたしたちが神のために生きるのを助けてくださいます。

この信仰の発生には、続いて、水中の墓に入ることにも例えられる、水による洗礼や浸礼による儀式が伴います。内面で新たな人間に生まれ変わるという霊的な現実をあらわすこの行為を通して宣言され、また告白される内なる神の働きを、肉体的に記念とすることで新生を示します。

この全ての過程は単純であるようでいて、その果たすべき役割はとても深遠です。イエスは、こう言ってあなたをいざないます。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」

今日、もし神の呼ぶ声が聞こえたら、心をかたくなにしないでください。むしろ、あなたの魂の羊飼いに命を明け渡してください。神はあなたがたを愛し、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安と、言葉につくせない喜びを与えてくれます。これは、あなたがたの人生に2度と嵐が来ることがないということを言っているのではなく、神は決してわたしたちを見捨てることも、見放すこともないと約束していることを言っているのです。

最後に、わたしは、あなたが神を信じるように、神が現実的に知覚できるかたちでご自身を現してくださるよう神に向かって祈ることをお勧めします。もし心から誠実に正直に祈れば、落胆するようなことはありません。というのは、わたしたちは主が良い方であることを味わい、目で見るようにと励まされているからです。アーメン。

 

 

その他のリンク

www.godlovesyou.jp

How to know God

イエスについての私の証し